血液サラサラになるためのポイントを知る~サラッと改善効果~

男性

体内の酸化を抑える水

水

酸化するとどうなるのか

体内には、活性酸素という物質存在しています。これは、呼吸などによって外部から取り込まれたり、生命活動によって生成されたりします。そして、この活性酸素は、強い酸化力があるために、細胞などを傷つけてしまいますので、いろいろな病気を引き起こすきっかけとなったり、老化を早めるなど体に良いことはほとんどありません。活性酸素を全て体内から取り除くのは無理な相談ですが、その量を少しでも減らすことはできます。それは、活性酸素に対抗できるあるいは、活性酸素の酸化作用を無力化できる物質を摂取することで可能になります。このような活性酸素に対抗できる物質を抗酸化物質といって、それはたくさん種類があるのですが、今は水素水に注目が集まっています。

水素の効果とは

水素水とは、水の中に水素を溶けこましたもので、飲むだけで水素が体中をめぐって、活性酸素を減らします。水素水を飲むと、ダイエットに効くとか美容に良いとか、疲労回復、飲むと頭がすっきりするなどの効果があります。しかし、これ以外にも水素水は、病気の治療にも効果があるのではないかといわれています。例えば、脳の細胞が変質するために起こる病気にパーキンソン病というものがあります。この病気は、手や足がふるえたり、筋肉に力が入らなくなるという症状が出るものですが、水素水を飲むことで病気の進行を遅らせることができるという研究報告もあります。また、脳卒中の後遺症を軽減できたという報告もあり、これからは水素水の応用範囲が広がっていくと期待されています。